2014年05月27日

时代は都市

最初は時代劇に聞いて来たこと、は大半が有志饱き江湖、退てあなはずっと最も親の一番のお気に入り人へ行ったことは一種の淡々とした際、話をする…私はもともと田園に生かされ、ていなければならないのか、これは非常に多くのよしみしようとしたが、できなかった時代になって、私たちの时代は都市で、身はこのざわめきが起こってきれいな大枠の中で、生活もがない。
大势の人が夜遅くまでは多忙でかもしれない残业でかもしれない作家事、かも知れないし、上海、カップの光の中で接待にかも知れないし、風俗店などの赘沢に、無理かもしれませんが、各人かも知れない、豪言天下…ためかもしれない些細なは暗闇の中で打算他人、かも知れない金持ちになって、記者やこそこそしやが公明正大におごる赠り物のかもしれません。何もしないで、嘆かは客観、眠れない…心に疲れて、人々は彼女が生きていて、疲れの重要な要素だ
家に帰って、は縦横无尽の自在に出ていくのは、ずっとこのまま小さく見える。ある時を騒がせているとしか思えない时が益々寂しさ、赈やかだけchelidon孤独だ。人生はされなくても、は海のようだ。縦见赤ん坊をおんぶし、信じて、私达のすべての人の心の奥底で1个の陶淵明式の夢は、日の出を日落而息、青山に背を见ていると、雲の花を见る浮世絵繁華街で、総は自分の一枚一枚を探して安易な単純でだった。もし日が沈む所したいときには、首肯片づけ寝ると、なんのではと心配して、なんだ境地をされることを懸念して、これは禅意。。明日はまたから、両手を労働を慰める心…じええのブログ
/ふしいsぢ
じゅすあうぇ
じしいそ
lomeng


posted by ううええr at 12:35| Comment(0) | 日记心得 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。